家庭教師のガンバコラム一覧>勉強や学習についての基礎情報

勉強や学習についての基礎情報

義務教育は強制なので勉強嫌いはある意味で当然ですが、
勉強が苦手だと自信をなくす可能性があります。
勉強が苦手な中学生に自信をつけさせるポイントは、
よい点を見つけ、積極的に褒め、自信を少しずつ回復させながら、
その中学生に合った勉強の仕方を一緒に探すことです。
この場合、縦の関係よりお兄さんやお姉さんのような斜めの関係の方がいいです。

時間と場所を選びたい場合や、子どもが、勉強が嫌い、
積極的に質問できない、勉強のやり方が分からない場合は、 家庭教師がいいでしょう。

中学生の家庭教師を探すポイントは、
家庭教師を依頼する目的と依頼したい家庭教師のイメージを明確にすることです。
相性のいい家庭教師が見つかれば、
子どもはやる気を発揮します。

家庭教師のガンバは、思春期の子ども、特に中学生に対し、お兄さんお姉さんのように接するように心掛けています。斜めの関係の家庭教師なら、子どもも心を開いてくれるのです。

・・・つづきはこちら

自分の子どもに家庭教師をつける場合、どの会社がいいのか当然考えます。家庭教師会社によれば、家庭教師の体験授業があります。体験授業で来る人や内容は会社により多少異なってきます。

・・・つづきはこちら

何事も誰と組むのかは非常に重要です。相性のいいパートナーと組めば、何倍も力を発揮することができます。家庭教師も相性のいい家庭教師と組めば、子どもは最大の力を発揮します。

・・・つづきはこちら

子供が勉強する時、一番集中できる場所はどこなのでしょうか?性格や、家庭環境にもよりますが、塾の自習室、図書館、自宅などが多いようです。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

・・・つづきはこちら

現在の教育制度は国が決めた内容を全員が一律に学ぶため、自発的学びの実現に疑問が持たれています。そのため、国民が各々学びの意義を点検し、認識するということが必要になってきます。

・・・つづきはこちら

日本では小中学校が義務教育となっています。近代国家が教育を重視するのは、社会の構成員の質を高めるためと、個々人がより良い人生を送る土台作りの保障という面があります。

・・・つづきはこちら

教育内容は文部科学省が決めており、戦後から学習指導要領というものが発行されています。各学校はこれにそって教育課程を編成し、教師はこれにそって教室で授業を行うのです。

・・・つづきはこちら

いじめや宗教的理由などが理由でホームスクーリングをする人は主にアメリカで見られます。全州で合法とされ、業者や制度なども整っています。ただ日本では学校教育法に抵触してしまいます。

・・・つづきはこちら

勉強の際はクラシック音楽が良いとされています。リラックス効果によって勉強のストレスを軽減のと、右脳を働かせることによって勉強で使う左脳とのバランスをとる効果があるからです。

・・・つづきはこちら

東京都文京区の湯島天満宮に、学問の神様、菅原道真が祀られています。通称湯島天神と呼ばれるこちらは毎年受験シーズンになると大賑わいで、ご祈祷やお守りの頒布などを行います。

・・・つづきはこちら

教育委員会は地方公共団体におかれる行政委員会です。学校や教育機関の管理に関することが主な仕事で、職務権限は学校の設置、廃止から給食に関することまで多岐にわたっています。

・・・つづきはこちら

最近、自民党の教育再生実行本部は、教育制度を複線化しようとしています。2012年の「中間取りまとめ」で、多様な選択肢(複線型)を可能とする為に、学制大改革』を行うとしました。

・・・つづきはこちら

自民党の教育再生実行本部は、日本の学校制度を複線化しようとしています。具体的には、単線型の義務教育の上に、今以上に明確なフォーク型の後期中等教育を接続しようとしています。

・・・つづきはこちら

ゆとり教育とは、2000年代から2010年代初めに日本で行われた教育です。しかし、ゆとり教育は直ぐに学力低下批判を生みました。その背景には、社会秩序の問題があったと考えられます。

・・・つづきはこちら

社会人の多くは、「大学教育は役に立たない」と言います。多くの人にとって専門教育は不要なのです。この矛盾を解消するには、進学段階で職業と専門をなるべく一致させる必要があります。

・・・つづきはこちら

国民主権とは、国民が政治権力の源であること、国民が政治権力の責任主体であること、政府は国民の意思により設立され運営されることを意味します。日本での教育の国民主権論とは・・・

・・・つづきはこちら

現在の私教育は公教育の補完的性格を強く持っています。例えば、進学塾や補習塾等。しかし、1980年代に政府が民間活力の活用を重視した時、私教育が改めて注目されました。

・・・つづきはこちら

戦前の日本には教育と学問の二重構造があり、学問の自由は一つの特権でした。現在の日本国憲法では学問の自由が保証されていますが、学問が国民化しているとは言い難い状況です。

・・・つづきはこちら

自民党は教育制度を複線化しようと考えています。それが実現すると、義務教育修了段階で人生の方向性を決める必要があります。キャリア教育をもっと充実させる必要があります。

・・・つづきはこちら

「やる気」の出ることに没頭すると、自信や成長が自覚でき、さらにやる気を引き出します。「やる気」を養うには、周囲が頑張りをほめて自信をつけさせます。

・・・つづきはこちら

一夜漬け学習は、睡眠不足による体調不良、寝過ごしや遅刻といった失態を招く危険があります。集中学習による一夜漬けは、翌日には約8割は忘れてしまう中期記憶であるため、非効率的です。

・・・つづきはこちら

予習→授業→復習というのがベストですが、予習か復習のどちらかと聞かれたら、復習(複数回)と言えるでしょう。授業を聞いてから、分からない内容を復習した方が効率的だからです。

・・・つづきはこちら

英検は、英語能力を測るために行われる資格試験です。特に、小学生が受けることの多い5~3級ではリスニングの配点が高いことで知られていますので、小児期からの学習が推奨されます。

・・・つづきはこちら

漢検は、国内でも大きな人気を誇る資格試験です。漢字の知識を問う内容になっており、高校などの受験にも有利になる場合があります。弱点を繰り返す勉強法や家庭教師などで対策を図りましょう。

・・・つづきはこちら

数検は、算数・数学の能力を測るための試験です。3級以上を取得することで高校・大学などの受験に有利になることもあります。時間を計りながらの過去問題、家庭教師等の勉強法で挑みましょう。

・・・つづきはこちら

共働きのご両親とお子さまにとって、家庭教師と一緒に勉強することには大きなメリットがあります。お子さまの学習状況をしっかり把握でき、親子間のコミュニケーションにも役立ちます。

・・・つづきはこちら

帰国子女のお子さまが日本の学校に編入する際には、日本の勉強や環境に慣れられるよう慎重な対応が必要になります。その際、家庭教師をご利用になると、スムーズな学習が可能になります。

・・・つづきはこちら

兄弟・姉妹がいらっしゃる家庭には、家庭教師がお勧めです。同時に二人の勉強を見ることで、お子さま同士の良いライバル関係が生まれ、学力促進を期待できます。

・・・つづきはこちら

母子・父子家庭のお子さまには、家庭教師の導入をお勧めします。お子さまの学習状況などや一日の様子をお伝えするほか、お子さまが相談しやすい環境を作りますので安心です。

・・・つづきはこちら

子どもの勉強には、毎日の習慣づけが大切です。特に、思春期がはじまる前、小学校4年生から高学年までの間に家庭学習を習得しておくことで、自主性を高めることにつながります。

・・・つづきはこちら

コミュニケーションは、お子さまが他者との信頼関係を築く上で大変重要なことです。信頼する心が育たなければ、教師に対する尊敬心も芽生えず、結果的に学習意欲を妨げてしまいます。

・・・つづきはこちら

脱ゆとり教育とは、ゆとり教育によって低下した学力を向上させる目的のものです。5科目の総合授業時間を10%UPさせたほか、ゆとり教育で消失した計算式などが再び加わりました。

・・・つづきはこちら

子どもが朝食を食べないことは、学力への意欲低下などを招くおそれがあります。特にブドウ糖が入ったパン・ごはんを中心に摂取して、授業に集中しやすい環境をつくりましょう。

・・・つづきはこちら

子どもが恒常的な睡眠不足に陥ることで、授業に集中できない・学力への意欲が低下するという弊害があります。また、睡眠を削ってまで行う勉強も非効率であると言われています。

・・・つづきはこちら

読書を日常的に行うことは、子どもの知識と心を豊かにします。一般的な国語の読み・書きなど、学習にも大きく貢献することが考えられますので、積極的に本を読みましょう。

・・・つづきはこちら

漫画には、歴史や政治をまとめたものなど勉強に役立つものが多く存在しています。親子のコミュニケーションにも役立ちますので、無理に読むことをやめさせず知識とすることを推奨します。

・・・つづきはこちら

ゲームは勉強の妨げになると言われがちですが、本当でしょうか。実は、歴史や地理の学習につながるものも多く存在しているのです。より深く知りたいという動機づけにつながることもあります。

・・・つづきはこちら

受験生の間で、青いペンで勉強すると暗記がはかどるという話が広がっているそうです。青色には精神を安定させる効用などが期待できますので、ある種の効果が期待できるでしょう。

・・・つづきはこちら

暗記がどうしても苦手だという場合には、トイレを暗記スペースとして利用することをお勧めします。トイレの壁やドアに覚えたいことを張り付けて自然に目に飛び込む状況をつくりましょう。

・・・つづきはこちら

教科書や授業中のできごとを、リポートする風体でまとめると、深い知識まで暗記することにつながります。「人に物事を教える」ということを意識することで、情報を整理することができるのです。

・・・つづきはこちら

ライバルという存在は、お互いに切磋琢磨し合う、仲間と呼べる存在です。良い刺激を恒常的にもたらすことで、学習における高みを目指すことも可能になります。良きライバルを見つけましょう。

・・・つづきはこちら

勉強に必要なモチベーションを維持することはとても大変なことです。ここまで勉強したら息抜きしても良い、などのライン引きを行うなどして、モチベーションの維持と向上に努めましょう。

・・・つづきはこちら

文章の読解力は、音読を行う、新たなボキャブラリーを増やすなどで向上できると考えられています。読みや書きとともに、国語の成績を左右すると言えるものですから、是非身に付けましょう。

・・・つづきはこちら

集中力は、気がかりなことがあるときやストレス・疲れがあるときには特に散漫になりやすいものです。環境を整える・休息をとるなどして、効果的に向上させるようにしましょう。

・・・つづきはこちら

受験シーズンには、体調不良に気を付けましょう。特に、ウイルス性の感冒やインフルエンザにはちゅいが必要です。家族・本人に負担が大きくなりがちですが乗り越えましょう。

・・・つづきはこちら

3歳差の兄弟・姉妹がいるご家庭ではダブル受験となります。ダブル受験にはお金が一度に多くかかるなど心配な点も多くありますが、受験者同士励まし合うことができるなどメリットも豊富です。

・・・つづきはこちら

体験授業