自宅と他の場所での勉強の違い

勉強場所の違い

子供が勉強する時、いつもどこで勉強をしていますか?
勉強に一番集中できる場所はどこなのでしょうか?
子供の性格や、家庭環境にもよりますが、
統計結果から、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

自習室での勉強のメリット・デメリット

自習室では、自分のペースで勉強ができ、
わからない問題があった場合なども、すぐに聞くことも可能です。
そして、同じ目的の同じ年ごろの子供たちが集まるため、
励みにもなります。
ただ、席が少なくて入れなかったり、
天候によって挫折したりしかねません。
また、夜遅くなったりすると保護者の方も心配です。

図書館での勉強のメリット・デメリット

大変静かで勉強に集中し易く、昔から人気の場所です。
ただ、土日や場所によっては月曜日が17時までしか開いてなかったり、
閉館日や本の整理日など意外と時間が限られています。
また、飲食物の持ち込みは禁止のため、
長時間の勉強には、不向きかもしれません。

自宅での勉強のメリット・デメリット

自習室や図書館のように休みや時間制限がなく、
移動もないので時間効率が良いです。
飲食物も問題なく取れ、自分次第で、朝から夜まで勉強できます。
何よりリラックスして勉強に取り組めます。
しかし、家にはテレビやベッド、ネットや携帯・スマホなど
様々な誘惑があり、親兄弟など周りの雑音が気になったりします。

自宅での学習の場合、家庭教師を頼めば誘惑からも守れ、
時間や天候も関係なく、わからない問題もわかるまで教えてもらえます。

体験授業