勉強する時に聞く音楽

勉強の時に聞く音楽

皆さんは勉強の時にどんな音楽を聴いていますか。
テンションの上がるロック、
お気に入りの歌手の曲、
何も聴かない無音状態がいいという方ももちろんいるでしょう。
どんな音楽を聴くのが良いか、
はたまた聴かないのが良いかというのは
慣れや向き不向きがあるので人それぞれなのですが、
近年、勉強の時にはクラシック音楽が良いという報告があります。
クラシック音楽を聴くことでテストの点数が良くなったり、
集中して取り組むことができるという実験結果が出ているのです。

クラシック音楽が良い理由

クラシック音楽にはリラックス効果があるので、
その時に勉強をすることでより集中し、吸収しやすい状態になるということです。
勉強は反復練習ですので、それなりのストレスがかかることであり、忍耐力が必要となります。
ですので、何も聞かないよりクラシック音楽を聴いた方が効率が良くなると考えられているのです。

人の声が入っていないものを

ただし、音楽に人の声が入っていると、
それを認識するのに左脳が働き、勉強の妨げとなってしまいます。
右脳への働きが強い音楽を軽く聞き流す程度でかけるのが良いでしょう。
勉強時に聴くためのクラシック CDというのも多く発売されているので、利用するのもいいでしょう。
特にモーツァルトの音楽はリフレッシュ効果が高いといわれており、
勉強時のBGMに向いています。

体験授業