英検の勉強方法とその攻略法

英語勉強は小学生から開始する?!早期に教育を開始する意味と意義

近年、幼児期や小児期の早い段階で、英語教育を開始する親子が増えているそうです。
その大きな理由の一つとして挙げられるのが、「英検」。
英検は、受験者の英語能力を測るものであるとして、広く知られています。

英検とはどのようなものか

まず、英検がどのようなものであるのかを知っておきましょう。
英検・正式名称「実用英語技能検定」は、5級から1級まで、
準2級・準1級を含む7つの級で構成されています。
比較的難易度が低く設定されている5級から4級、
高校入試に必要なレベルであると目される3級程度までは、
中学生の学習で習得する程度の学力、と定められていますが、
小学生のお子さまも受験することが多いものとなっています。

5~3級・試験の流れ

英検5級及び4級は、筆記試験とリスニングから構成されています。
いずれも英語能力の土台となるべき部分に当たる問題が出題されますので、
基礎力を上げる目的で受験されることをお勧めします。
では、各級の特徴を見て行きましょう。
5級は、英語教育を開始したばかりのお子さまに向いています。
問題の目安も初歩的で普段の生活に結びつきやすいものが出題されますので、
構えずに取り組むことができるのではないかと思います。
4級になると、5級の問題に加えて、更に実践的な読解問題が出題されます。
単語などのボキャブラリーを広げて受験に臨みましょう。
3級では、筆記試験・リスニングのほかにスピーキングテストも用意されています。
面接形式を用いて英語でやりとりを行うため、基本的な会話能力が試されます。

英語教育を早期に開始するメリット

上記のように、英検には常にリスニング問題が用意されています。
特に、5~3級までのランクでは、リスニングの配点が高いという特徴がありますので、
重視するべきポイントとなります。
小学生を中心とする小児期の子どもたちは感受性に優れていますので、
この時期に英語教育を開始することは、大きな意義があると言えるのです。
早期に英語に馴染んだ耳を作り上げて、英検に有利な環境を整えましょう。
家庭教師のガンバでは、英検5~3級の取得をサポートいたします。
基本的な英語力を楽しくしっかりと身に付ける授業を行いますので、
どうぞお気軽にご相談ください!

体験授業