子どもの勉強は習慣づけが大切

勉強の習慣づけることの意義

子どもが勉強を嫌いになる原因の大きなものに、
「勉強の仕方が分からない」・「勉強についていけない」というものがあります。
このようなお子さまには、勉強をする習慣づけができていないという場合が多いもの。
少しずつであっても、机の前に向かう時間を設ける工夫が大切です。

家庭学習の習慣づけを行うために適したタイミング

家庭で子どもの勉強を習慣づけるためには、
「小学校4年生」頃までの時期が非常に大切であると言われています。
小学校中学年に差し掛かる程度の年齢になると、
「反抗期」や「思春期」の兆候が出てくるようになるため、
自分の心をコントロールすることが難しくなり、
どうしても親の言うことには素直に耳を傾けられない子どもたちが
多くなってくるというのがその理由です。
しかし、反抗期・思春期は、子どもの自立心を促す大切な時期でもありますから、
それまでに、しっかりと子どもに机に向かうことの意義を
教えておく必要性があると言えるのです。

家庭学習を習慣づけることのメリット

家庭学習の習慣づけを行うことのメリットと言えば、
やはり「勉強に対する自主性を育てる」ことでしょう。
学校の授業を受けているだけでは、分からない部分があった場合、
そこをおざなりにしがちになってしまいます。
特に、算数や理科などの理数系科目にありがちなことですが、
そうした分からないことをそのままにしてしまうことで、
どんどんできない・解けない問題の割合が増えてしまい、
結果的には、その科目が嫌いになってしまう子どもたちが多いのです。
しかし、家で分からないことをゆっくりと学びなおすことが
できる家庭学習の習慣が備わっていれば、
このような減少を大きく減らすことが可能になります。
家庭学習を少しずつでも身に付けて行くことで、
勉強への苦手意識は克服できますから、
家庭教師の導入なども視野に入れて、
じっくりと向き合われると良いでしょう。

体験授業