家庭教師のガンバコラム一覧勉強や学習についての基礎情報>勉強に適しているのは青いペン?

勉強に適しているのは青いペン?

受験生が推す?!青いペンと勉強の関係性とは

青いペンは勉強に向いている。 2015年現在、受験生たちの間ではこのような話が流行しているそうです。
青い色で文字を書くことによって、暗記がはかどるというのです。
一見、ただの噂にすぎないような話ではありますが、
その真偽はいかほどのものなのでしょうか。

青いペンが暗記などの勉強に効果を発揮すると言われる理由とは

青いペンが勉強に効果的であると言われるゆえんには、
以下のようなものがあります。
一つには、気分を安定した状態に導き、
物事に集中した状態をもたらしてくれるというもの。
これは、青色によって脳内ホルモンの一種である
セロトニンが分泌されるために起こると考えられますので、
ある程度事実であると認識しても良さそうです。
もう一つの理由としては、青い色にストレスを感じにくいというもの。
これも、上記のセロトニンが安定した状態を引き起こしていることに
由来するからであると言えるでしょうか。
一般に、青には副交感神経の働きを助け、
血圧や脈拍を落ち着ける作用もあると考えられていますので、
心の冷静さを取り戻しリラックスさせるという点については、
効用があるのかもしれません。
特に、毎日の勉強やプレッシャーに抑圧される受験期のお子さまにとって、
精神的な興奮やイライラを解くことに悪いことはないと言えるのではないでしょうか。

青色で暗記力が高まる、についての根拠

青いペンで暗記力が高まるという部分に関しては、
明確な根拠はないものと考えた方が良さそうです。
現在までのところでは、色が暗記力に影響を与えるかどうかについては
科学的なソースが示されていないのです。
しかし、例えプラセボ(偽薬)の効果が大きいのだとしても、
これで覚えることができるのだ!という拠り所は、大きな存在となり得るでしょう。
受験期の心を支えるおまじないのようなものとして、
青いペンを持つのも良いかもしれません。

体験授業