トイレは暗記空間

暗記が大嫌い!なお子さまにお勧めの暗記方法とは

暗記は苦手…、と感じる子どもは、
大人が思っているよりも多く存在するものです。
しかし、特に受験勉強などではどうしても暗記せざるを得ない場面も多く
、大きなストレスを感じがちに。
机に向かって暗記することを苦痛に感じてしまう場合には、
どのような暗記法が適しているのでしょうか。

暗記を行うのに適した場所

自室やリビングなどで暗記を行おうと試みると、
必ず「関係ないもの」が目に入ってしまいます。
ゲームや漫画、テレビなど、
勉強の途中についつい手を出してしまいがちなものも多くあるため、
暗記を行わなければならない状態のときには、
辛い状況であると言えるでしょう。
そんなときに推奨したい暗記場所であるのが、「トイレ」なのです。

トイレでの暗記の奨め、そのワケ

トイレには無駄なものがまったくと言って良いほど存在しません。
その上、誰の視線もなく静かで落ち着いた環境に身を置くことができますから、
暗記には非常に適したスポットであると言えるのです。
もちろん、他の家族も使用する場所ですから何時間も居続けることはできませんが、
その分、短時間で記憶を行おうとすることが可能になりますので、
十分に効率的であると言えるでしょう。

トイレを活用する暗記の方法

トイレで暗記を行うときには「壁」や「ドア」のスペースを
思いっ切り有効活用しましょう。
覚えなければならない単語や漢字、数字などを紙に書いて、
トイレの目に付きやすいところに貼りつけるのです。
日本地図・世界地図などを貼っておくのも良いでしょう。
こうすることによって、自然に記憶する対象が
目に飛び込んでくる状況をつくりだすことができますので、
机で辛い思いをしなくとも、ナチュラルに覚えることができるようになってきます。
トイレは、家の中において一日に何度も訪れる場所の一つですから、
是非、積極的な活用を試みて、日々の勉強や受験対策に役立てましょう。

体験授業