受験時期の体調管理について

受験シーズンに気を付けたい体調管理

受験シーズンは、ちょうど冬の時期であると言うことも手伝って、
流行感冒やインフルエンザ、その他のウイルス性の病気への罹患が懸念されます。
体調を大きく崩すことによって、普段の力が存分に発揮されないという心配もありますし、
場合によっては受験そのものに参加できなくなってしまう危険性もありますから、
細心の注意を払う必要があります。

受験シーズンのウイルス対策その1

まず、風邪やインフルエンザに「かからない」・「ウイルスを持ち込まない」
ということが最も有効となります。
オーソドックスな対策ではありますが、
外出の際にはマスクをつける・帰宅したらうがい手洗いを徹底するということなどで、
随分と罹患リスクを軽減することができるでしょう。
また、身体の免疫力を強化するために、
バランスのとれた食事を心がけることも大切だと言われています。
野菜や果物など、ビタミン類を多く摂取することを心がけましょう。

受験シーズンのウイルス対策その2

緊張をほぐし、ストレスをため込まないことも受験前のウイルス対策に
効果的であると考えられています。
特に、試験が直前に近づいてくるとプレッシャーから
心身のバランスを崩しやすくなりますので、
できる限りリラックスした環境に身を置く工夫を取りましょう。
音楽を聴く・読書をするなど、好きなことをする時間を持ったり、
入浴で身体をあたためることが必要です。

万一風邪やインフルエンザに罹ってしまったら

受験前にウイルス性疾患を発症してしまった場合には、
たっぷりと休息をとって早期の回復に努めましょう。
インフルエンザなど、公共の場に出席することができない疾患の場合には、
受験する教育機関へ速やかに連絡を行うことが求められます。
学校によっては、個室で試験を受ける等配慮を行ってくれるケースもありますので、
諦めずに体調を整えることが大切です。

体験授業