漢検の勉強とその攻略法

日本における人気資格・漢検とは

「漢検」と呼ばれる資格試験があります。
正式名称を「日本漢字能力検定」というこの試験は、
財団法人日本漢字能力検定協会が主催するもので、
文字どおり個人の漢字に対する能力を測るために行われます。
年間を通じて多くの人々が受験することからその知名度も非常に高く、
英検・数検と併せて「日本三大検定」などと呼称されることもあります。

漢検を構成する級と合格の目安

漢検は、10級から1級までのランクで構成されています。
2級・1級の間には、それぞれ準1級・準2級を挟んでいますので、
すべてを総合すると12級から成り立っていると考えられるでしょう。
合格の目安としては、主に、3級で中学校卒業程度の学力、
2級で、高等学校卒業程度・あるいは大学入学程度の学力を有していれば
可能であるとされています。

受験を有利に進めることができる?!漢検の底力

漢検は、高校などへの入学受験などにも有力であると言われています。
特に、推薦入学の内申点などには優位であると考えられますが、
そのほかにも多くの学校で、筆記試験の点数に資格を加算したり、
合否判定の一つとして活用してされていることが明らかになっています。

漢検攻略のためには、どんな勉強をすれば良いか

漢検資格を取得するために適した勉強法の一つであると言えるのが、
自分の苦手な部分を集中的に学ぶという方法。
漢検は、漢字の読み・書きだけではなく、
部首や対義語・類義語などの問題も出題されますから、
その中で特に苦手であると認識できる問題を、
繰り返し勉強することで、徐々にミスのない回答を行うことが可能になるのです。
ですから、まずは一度、過去問題集などに取り組み、
現状の能力を知ることからはじめることをお勧めします。
家庭教師のガンバでは、漢検取得に焦点を当てた指導も得意としております。
国語や漢字の能力を伸ばし将来に役立てたいとお考えであれば、
是非お気軽にご相談ください。

体験授業