漫画も勉強の役に立つ?

漫画なんて役立たず!は本当か

「うちの子、漫画ばかり読んでいて心配…」、
「漫画に夢中になるなら勉強に夢中になってくれればいいのに…」、
という親御さんのお悩みは、いつの時代にも共通であると思います。
大人の立場・特に親の立場からしてみると、
漫画なんて何の役にも立たない!と思い込んでしまいがちなものですが、
本当にこの「大人の意見」は正しいものなのでしょうか?

漫画と学習・知識の関係性

漫画、と一口に言っても、その種類は非常に豊富です。
中には、国や政治の歴史を学ぶものや、偉人の人生を漫画として表現したもの、
世界の古典文学を漫画化したものまで存在します。
このようなタイプの漫画は、
小学校や中学校の図書室などに用意されている場合もありますので、
もしかしたら、親御さんの中にも読んだことがある、懐かしい…、
と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、「ためになる漫画」は、上記のようなものだけではないのです。
一般に少年漫画・少女漫画・青年漫画などと称される種類にも
勉強になるものが存在しています。
近年話題となった、農業大学を舞台とした漫画などは、
農学をはじめ、生物や化学の勉強になりますし、
女児向けの有名変身漫画(アニメ)などでは、
地学用語や惑星の名前が頻繁に登場します。
このようなものから知識を得て、学習能力に応用することも期待できますので、
漫画は一概に悪である、とは言い切れないものなのです。
漫画を読んでいなくても、勉強好きになるとは限りません。
むしろ、興味のある知識を増やすことで、
学習への意欲が高まるとも考えられるのではないでしょうか。

子どもが興味を持つ漫画を一緒に読んでみませんか?

上記のような漫画を家族で読むことで、
コミュニケーションの一環としても役立ちます。
特に、小学校中学年から高学年では、
親に反発する気持ちが強くなる傾向がありますから、
子どもの好きなものを理解して、
会話につなげるという点でも効果的であると言えるでしょう。

体験授業